ワキガが悪化する食べ物まとめ

ワキガは食べ物でケアができる?

 

 

ここでは、ワキガと食べ物の関係性について紹介していきます。

 

まず「食べ物でワキガが改善できる!」という考え方はしない方が良いと言われています。
ワキガの原因の大半は、結局のところアポクリン腺の多さや大きさにあると見られていますから、食べ物だけで太刀打ちできるわけではないのです。

 

ですが「じゃあ、好きなもの食べまくろう」というスタンスでいるのも駄目です。
ワキガの臭いをエスカレートさせるような食べ物は確実にあると言われているからです。

 

結構世知辛い話だとは思いますが「食事で改善ではできないけれど、気を付けないと悪化する」という説が有力です。

 

さて、それではどんな食べ物を食べるとワキガが悪化すると言われているのでしょうか?

 

 

ワキガが悪化する食べ物はこちら

 

 

まずは、ワキガが悪化すると言われている食べ物から紹介していきましょう。

 

・脂質が豊富な食べ物

 

脂質が豊富な食べ物と言うと、肉類、乳製品、卵などが挙がります。
実は、アポクリン汗腺からの臭いの原因となる物質は、ほぼ脂質から生成されると言われています。
ですから、脂質の摂り過ぎは避けるようにしましょう。
ジャンクフードの食べ過ぎなども良くありませんね。

 

ただし「ダイエットにもなりそうだし、脂質を完全に抜こうかな」と考えてしまうのも駄目です。
そうすると、肌そのものの生命力が失われて、肌の「皮脂膜」が弱体化して体臭が発散されやすくなってしまうと言われています。

 

・刺激物

 

辛い食べ物や、ネギ類などを食べ過ぎると、アポクリン汗腺が活性化して臭いが強くなりやすくなると言われています。
ですから、刺激物もほどほどにしておきましょう。

 

ちなみに、辛い食べ物に関しては、理論上全く食べなくても問題ないと言われています。

 

 

良い食べ物も知っておきましょう

 

 

それでは、ワキガに対して良いと言われている食べ物についても紹介していきましょう。
こちらに関しては、特定の食品というよりは「食習慣」の事が中心となります。

 

・日本食

 

日本食では、野菜、魚介類、穀物がメインになることになります。
これならば、肉類や刺激物が少なめになりますから「体臭」という観点で言えば非常に良いと見られています。

 

・植物性脂質

 

ワキガを悪化させると言われているのは「動物性脂質」であり、植物性脂質であればそれほど問題ないと言われています。
例えば「油」で言えば、ごま油やオリーブオイルなどが植物性脂質の代表格です。
炒め物などを作る時は、これらの油を使ってみると良いかもしれませんね。

 

・お茶

 

お茶に入っているポリフェノールには、身体の中の臭いの原因成分の動きを封じ込める効果があると言われています。

 

・黒酢

 

黒酢に入っているクエン酸には、体臭の発生そのものをブロックする効果があると言われています。
普通の酢にもクエン酸は入っていますが、黒酢に特に多いと言われています。

 

 

といったところです。
ただ、冒頭で述べましたように、食生活だけでワキガを大幅に改善できる可能性は低いです。
ですから、極端にこだわり過ぎないようにして、ストレスを蓄積させないようにすることも大事になってくると思います。